2017/12/06

日本胎児心臓病学会 理事長選挙について

被選挙⼈公⽰
日本胎児心臓病学会 理事長選挙

11月30日24時をもちまして締切ました立候補者は以下です。

立候補者名: 稲村 昇(近畿大学医学部 小児科・思春期科)
⽴候補者の理事⻑選挙⽴候補決意⽂をご覧下さい。 ⽴候補者が単独であることから本選挙は信任投票選挙となります。

投票は⽇本胎児⼼臓病学会評議員による電⼦メールを使⽤した記名式投票とします。
投票時になりましたら選挙管理委員から評議員にメールを配布しますので返信で投票をお願いします。これは、「なりすまし投票」を防⽌するためで、投票内容は選挙管理委員のみに限定されます。
集計および選挙結果承認後に投票メールはすべて破棄され、情報は保護されます。

電子メールによる投票:2017年12月11日0時〜25日24時

2017年12月6日
⽇本胎児⼼臓病学会選挙管理委員会
新井隆成、⾯家健太郎、佐藤有美、松井彦郎(委員⻑)、吉松淳


日本胎児心臓病学会 理事長選挙立候補決意文

この度、日本胎児心臓病学会の理事長に立候補いたします。近畿大学の稲村です。
前回の任期におきましては会員の皆様に以下の5つの達成目標をお約束しました。

  • 1. 胎児心エコー認証医制度の確立
  • 2. レベルIスクリーニングの改訂と普及
  • 3. 次世代リーダーの育成
  • 4. 遠隔診断の推進
  • 5. 胎児治療の実現


  • 胎児心エコー認証医制度につきましては皆様のご協力によって第1回の認証医が誕生できました。今後も継続できるようしっかりとした制度に成熟させてゆきたいと考えます。
    次世代リーダーの育成に関しては学会関連の仕事にたくさんの若手医師に参加していただきました。今後も継続する所存です。
    レベルIスクリーニングの普及は教育委員会より毎年学会で教育講演を行うようになりました。しかし、ガイドラインの改訂と胎児治療に関しては残念ながら道半ばでございます。ガイドライン改訂につきましては既に手がけておりますがもう少し時間が必要です。
    また、胎児治療に関しても更なる工夫が必要と考えます。

    私は、皆様のご協力を得て、本学会の更なる発展のために尽力致す所存です。


    2017年11月24日
    近畿大学医学部 小児科・思春期科
    稲村 昇

    事務局

    〒390-8288
    長野県安曇野市豊科3100
    長野県立こども病院循環器小児科

    TEL:0263-73-6700
    FAX:0263-73-5550

    会員情報以外のお問い合わせ

    会員情報のお問い合せはこちら

    アカデミック・スクエア株式会社
    日本胎児心臓病学会会員 管理係

    〒612-8082
    京都府京都市伏見区両替町2-348-302

    TEL:075-468-8772
    FAX:075-468-8773

    会員情報のお問い合せ
    • 会員専用ページ
    • 会員情報の確認・変更ページ
    • お知らせ
    • 日本胎児心臓病学会入会申込み